俺、読売新聞とってねぇ…

日本社会は病膏肓に入る状態か

名称未設定 1

 共謀罪・福島の山火事も報道せず、山火事で放射性物質が飛散していることも触れず、首相夫人の参考人招致などどこ吹く風。

 米海軍の空母が現在どこないるのかは知らないが、朝鮮民主主義人民共和国のミサイルについて大騒ぎさせながら、連休中は、首相等は外遊に。

 そして、連休が明けたと思えば、2020年に憲法を改正するとアベはわめき、詳しくは読売新聞を読めと。
 
 俺、読売など読んでねぇし。

こんなことを平然と言える社会への恐怖

 如上のようなことを平然と国会で述べることが可能な社会に成り果てた。このままでは、多くの人々の命が失われる社会が近づいているような気がする。

 共謀罪さえ通せば、後は改憲は可能だろうよ。改憲に反対する人間をどんどん捕まえればいい訳だがら。

 ならば、全員が監獄へ行くことを恐れなければいいだけだ。日本の監獄の収容人数の限界はどれほどか知らないが…。

 多分、今の日本社会ではそれができないであろうが、行き着く先は見え始めているような気がする。

 治安維持法が1925年に制定されたが、20年後にアジアの諸地域で多くの人々の命を奪い、そして日本の人々の命を奪い大日本帝國は崩壊した。
 アベが2020年に制定したとして2040年まで今の日本が存続できるだろうか。こんな悪法の下で一秒たりとも生きたくはないが。
 戦前以上に社会の変化は著しい。
 その間、多くの人々が犠牲になるだろうし。

 次こそ、働く人々の経済的平等の実現を…。

 欧州でも極右政党の活動が目立つ。反ファシズム統一戦線などの伝統のある欧州でもファシズムが復活しつつあるということだろう。いわんや、日本のように市民革命すらなかった国においては…。
 蛇足だが、フランス大統領選では、私はどちらにも投票しない。経済的右翼と政治的右翼の戦いの様相を呈していたが。

 今や、共謀罪もアベの独裁も止める手立てがない。市民運動も、何が何やらわからなくなりつつある。多様化という名の人民の分断、貧困化による政治的無関心や主体性の欠落が著しいのだろう。

 それでも、未来に期待するしかない。

トランプに関しては民主主義云々と喚くマスメディア

 トランプがFBI長官を罷免したことを、民主主義に反するとかメディアは報じているが、「読売新聞云々」などと国会で発言することも民主主義を無視している暴挙だろう。
 本来なら、超大規模なデモ等が起きても不思議ではないと思うが。
 今、ここで黙すれば、己の命と暮らしが崩壊することを自覚すべきだが。


トータル:130 本日:1 昨日:12